読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Minecraft 1人でだらだら孤島開発

孤島に憧れようやく生成できたと思ったらRoofed Forest島だった人のブログ。

古墳建築 Part 3

皆様こんにちは。

相変わらず古墳を作っておりますが、そろそろこの古墳にまつわる文化的な側面も決めていくべきかしらと思い始め、墳丘に神社を建築することにしました。

 

 

f:id:mignal2000:20160522213716p:plain

 

石室は横穴式にします。大型で後円部が特に大きい前方後円墳でありながら、横穴式石室を持ちます。この矛盾から、この古墳が歴史上のどこにも存在し得ない(と思う)ものになり現実とこのワールドには接点が存在しないことになります。(歴史に影響を及ぼさない、こういう設定本当に好き)

 

f:id:mignal2000:20160522214207p:plain

まずこちら、手前が堤防、奥が墳丘後円部になります。和風建築なんてやったこともありませんから、これだけでも試行錯誤を繰り返してようやく作った形です。(あの城は和風でも何でもなかったんだ・・・)

 

f:id:mignal2000:20160522214624p:plain

そして草の小道を初めて使ってみました。いい雰囲気出ますね。

 

 

いよいよ神社の建物の作業に入ります。

今回は古墳そのもの、もしくは内部主体を祀る神社を作るため、横穴を覆う形で社殿を建てていきます。

 

内部主体に関する設定

「この古墳には大昔の狐娘さんが祀られています。元々砂漠だらけで食料不足が続いていたこの島に雨を降らせ草原を作りだしたことで人々に感謝され、彼女に敬意を示すべく作られました。この古墳の名前である水狐古墳とは、この出来事に由来しています。石室が横穴式になっているのは、彼女がこの地に永住し天気を操ることに決め住居となる古墳を作ってもらう際に、後々まで人々が自分に会えるようにと告げられたことによります。」

マインクラフト内アイテム :著書「水狐古墳」より

私の趣味がばれてしまった。

 

屋根の素材は悩みに悩んだ挙句石レンガに落ち着きました。

f:id:mignal2000:20160522214813p:plain

 

それから石灯籠なんですが、バージョン1.9からどこにでもトラップドアを置けるようになりまして(以前は側面に不透明ブロックが必須)、画像のような感じで松明の側面にも置けるようになりました。地味に今回のアップデートでは目玉となる仕様変更でしたね。

f:id:mignal2000:20160522214117p:plain

 

中の松明をレッドストーントーチにすれば、赤い光が独特の雰囲気を醸し出します。

f:id:mignal2000:20160522215433p:plain

 

ただしレッドストーントーチは暗いのでこのようにレッドストーンランプを置いて明るさを確保します。

f:id:mignal2000:20160522215531p:plain

テロップ君がうっすら入ってますが気になさらないでください。

 

f:id:mignal2000:20160522215704p:plain

レッドストーンランプの周りを階段ブロックで囲んで隠しつつ傘に見立て、足を作って完成です。

 

f:id:mignal2000:20160522215810p:plain

正面から見るとこんな感じです。ひとまずはここで作業中断。

 

ここからはお賽銭機能を作っていきます。

簡単に説明すると、お賽銭箱に特定のアイテムを放り込むと回収され、扉が開いて石室内に入らせてくれる。また、特定のアイテム以外のものを放り込むと吐き出される。というものになります。

 

お賽銭箱の回収部分にはホッパーを採用、ゴミの吐き出し部分はドロッパーを採用します。

f:id:mignal2000:20160522220211p:plain

 ホッパーにゴミが流れてくると途中の分岐でゴミ輸送ルートに流れ、ホッパーに辿り着くとカチカチ音がして上に向かって出てくるようになっています。

お賽銭用のアイテムの場合は分岐で奥に入り中の倉庫にしまわれます。

 

上手に隠して(これが面倒だった)出来上がり。

まずはゴミをポーイwwwww夕立、お賽銭箱にゴミ投げちゃうっぽい~?wwwww

f:id:mignal2000:20160522220522p:plain

 

 

f:id:mignal2000:20160522221515p:plain

狐娘「なんじゃこのゴミは!」

と言わんばかりに吐き出されます。

 

 

 

マイクラには油揚げが実装されていないので、一番見た目が油揚げっぽいものを油揚げに見立ててお賽銭用のアイテムにしました。

見た目は油揚げ、本当はAu。その名も、(名)金塊、”ポイッ”!!

という掛け声とともに金塊 油揚げを投げ込みます。

f:id:mignal2000:20160522221634p:plain

 

すると・・・?

 

 

 

f:id:mignal2000:20160522222038p:plain

 

狐娘さんが嬉しそうに油揚げを頬張りながら不思議な力を使って扉を開きます。

これで石室内に狐娘さんに会いに行くことができます。

狐娘「うまいもんをありがとうの。ほれ、少し話して行かんか?」

 

 

f:id:mignal2000:20160522222441p:plain

金ブロックとシーランタンを豪華に使って装飾し、完成です。

 

f:id:mignal2000:20160522222530p:plain

 

今回はここまで。それではまた次回。