読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Minecraft 1人でだらだら孤島開発

孤島に憧れようやく生成できたと思ったらRoofed Forest島だった人のブログ。

2つ目の古墳を作る

例によって資材不足の島からこんにちは。

前回発電所の余った土地に古墳を作るという話をした通り、2つ目の古墳を作っていきます。

 


f:id:mignal2000:20170206202624j:image

とりあえずこのあたりを目標に設計していきます。


f:id:mignal2000:20170206202718j:image

こんな感じで円形に丸石を並べて、真ん中に立てた柱に登って形を確認しつつ全体像を決めていきます。落下ダメージを軽減してくれるとのことで俵を置いています。


f:id:mignal2000:20170206202917j:image

なかなかきれいになったんじゃないでしょうか。

 


f:id:mignal2000:20170206203015j:image

古墳を水面の高さまで掘り下げていきます。形としては川の流れを堀に組み込んでいく感じになります。

 


f:id:mignal2000:20170206203144j:image

土で覆って草ブロックの伝播によって緑化します。

 


f:id:mignal2000:20170206203253j:image

内部にビーコンを埋め込む関係もあるので場所の確保は念入りに行っておきます。これがたぶんこの古墳の計算要素で一番きびしい気がします。

 


f:id:mignal2000:20170206203458j:image

墳丘が完成したので周りをガッツリ掘り下げて水を引く準備をします。資材回収が主目的とか言ってはいけない。

 


f:id:mignal2000:20170206203625j:image

砂漠はあまり見た目に好みではないのでおまけ程度に土地の緑化も進めます。砂漠の土地開発をするときには緑化も計画に入れておくのがクラフターたるものの基本ですね(?)。

 


f:id:mignal2000:20170206203819j:image

水を引いていきます。堀があるだけで古墳の形が周囲の地形に埋もれることなくはっきりと認識できるようになっていいですね。ロマンですロマン。

 


f:id:mignal2000:20170206204027j:image

こんなもんですかね。川幅そのものを大きく拡張して水を引いた関係で、以前作った砂岩の橋は残念ながら解体するしかなさそうです。

 


f:id:mignal2000:20170206204203j:image

私は趣味で廃線跡や旧線路、旧道を見に行くことがあるのですが、こんな感じで川岸に橋脚だけが残る光景を目にするととても興奮します。そんなわけでこの橋もここだけ残しておくことにします。

 


f:id:mignal2000:20170206204457j:image

古墳全体図を地図にしました。古墳のそばの空き地を加工して観光地っぽくしていきますが、その説明板に貼り付けておきます。

 


f:id:mignal2000:20170206204729j:image

こんなもんでしょう。これでもうここが元々は砂漠だったとは思われないのではないでしょうか。やはり観光地と言うのはこれぐらいオシャレなものがいいですね。

古墳の名前は水塚天貫山古墳にします。川を加工して水を引き込んでいるということ、そして(現在はまだビーコンが準備できていませんがやがては)ビーコンの光が天を貫くように伸びるという意味です。

 

 


f:id:mignal2000:20170206204858j:image

次の古墳は神社として古墳そのものが祀られている設定にしようかしら。